「アイコス(iQOS)」に関する最新情報まとめ

アイコスを無料で必ずゲットできる!

water

アイコスを無料ゲットする方法

インスタの投稿をギー・マルティネスが担当

アイコスのインスタグラムの写真がハイセンスにあふれています。というのも、期間限定でプロのフォトグラファーが担当しているからです。10月9日~11日までの投稿はブラジル生まれのGui Martinez(ギー・マルテイネス)さんが撮影しています。(@guimartinez)

 

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影

 

 

ライフスタイルと共に投稿

今回のインスタの企画はプロのフォトグラファーとのコラボ企画。東京で活動するフォトグラファーのギー・マルテイネスさんが自身のライフスタイルと共に写真を投稿するといもの。もちろんアイコスとリンクさせた投稿になっています。

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影

 

 

IQOSのアカウント

http://instagram.com/iqos_jp

 

ストーリーもチェックせよ

写真の投稿だけでなくストーリーも更新されているのでチェックしてみよう。

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影

千葉に来ているんだとか。

 

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影

サーファーらしいです。

 

ポイントを貯めてアイコスと交換できる!

  • 定価でも高い(><)
  • 品薄で手に入らない
  • ネットオークションの高値は嫌

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影

日々利用して、ポイントを貯めるだけで無料でアイコス(IQOS)と交換できます!

【アイコスと交換するまでの流れ】

 

ギー・マルテイネス

アイコス インスタの写真をギー・マルティネスが撮影


Gui Martinez(ギー・マルテイネス)ブラジルの南部生まれ。英国とブラジルを行き来しながら育つ。ウェブとグラフィックデザインを学んだ後、写真の分野に興味を持ち、探究をはじめる。18歳のときにサンパウロに移住し、写真の仕事や、動画やテレビコマーシャルのプロダクションデザイナー・アシスタントを務め、19歳のときにブラジルを離れ、東京、ロンドン、その他のヨーロッパの都市を回る。旅行がインスピレーションの源。2009年初旬に東京に移住し、現在にいたる。いつも写真、デザイン、音楽にたずさわる仕事を手がけ、可能な限りインディペンデントかつアンチ主流のスタンスで作品を作りだしている。

引用:http://fashionpost.jp/portraits/1760

 

インスタのアカウント

(@guimartinez)

 

公式HP

http://theguimartinez.com

 

ポイントを貯めてアイコスと交換!

交換

ポイントを貯めてポイント交換でアイコスが手に入るキャンペーンサイト!

【くわしくよむ】

アイコスを無料で確実にゲットする方法

  • アイコスが欲しい
  • 安く購入したい
  • 2台目をストックしておきたい

iqosurawaza

という人におすすめのキャンペーンです。 アイコスを無料で購入する裏ワザを紹介しています。

アイコスを無料で購入する方法

関連ページ

プレミアムアイコスケースをInstagramで応募
アイコスの限定プレミアムケースが当たるキャンペーンがInstagramとリンクしてて開催されます。井内宏美さんがデザインした「MILLAN to TOKYO」のケースが当たるかも!
IQOSギャラリーがOPEN/インスタグラムの写真が見られる
アイコスのインスタの写真がまとめられたIQOSギャラリーがOPEN。インスタグラムで選ばれた良質な写真が公式サイトで閲覧できます。
アイコス 公式インスタグラム会員限定アカウント
アイコス(IQOS)公式Instagram(インスタグラム)アカウントは、アイコス会員のみがフォローできる会員限定アカウント。アイコス公式インスタグラムをフォローする流れを紹介します。
アイコス instagramフォロワー限定キャンペーン
アイコスの公式インスタグラムのフォロワー限定のキャンペーンを紹介ます。抽選で250名の方に限定ホルダーとキャップが当たるチャンスです。
アイコス インスタフォロワー5千人突破キャンペーン
アイコスのインスタグラムのフォロワー5,000人突破をしてキャンペーンが開催されています。渋谷限定のアーティストコレクションが当たるチャンス。応募方法を説明します。
アイコス インスタで「IQOSあるある話」企画
アイコス(IQOS)の公式インスタグラム(iqos_jp)の投稿でIQOSあるある話の企画が秀逸だったので紹介します。