「アイコス(iQOS)」に関する最新情報まとめ

アイコスを無料で必ずゲットできる!

water

アイコスを無料ゲットする方法

受動喫煙防止案「150平方メートルは喫煙可能に」アイコスは?

11月17日、東京オリンピックが開催される2020年までに厚生労働省が受動喫煙を減らす目的で掲げている「受動喫煙対策」に大きな変更がありました。これまでは喫煙を認める店舗面積を30平方メートルに設定していましたが、ここにきて150平方メートルに広げる案が出てきてました。簡単にいうと喫煙を認めるお店の条件を拡げることです。受動喫煙を減らす目的とは反対の方向に進んでいるといことです。

アイコス 受動喫煙防止案「150㎡は喫煙可能に」

 

要約すると

お店の喫煙可能面積は30㎡じゃ狭すぎ!!
150平方メートル以下は喫煙オッケーにしよう!
ってこと

 

変更案

喫煙が認められる飲食店の面積30㎡→150㎡に変更。

アイコス 受動喫煙防止案「150㎡は喫煙可能に」

 

150㎡ってどれくらい?
  • 1㎡が3,3坪なので45坪くらい
  • 45坪は畳81畳分

 

広さはだいたい4LDKの一軒家くらいですかね?

 

アイコス 受動喫煙防止案「150㎡は喫煙可能に」

 

ポイントを貯めてアイコスと交換できる!

  • 定価でも高い(><)
  • 品薄で手に入らない
  • ネットオークションの高値は嫌

アイコス 受動喫煙防止案「150㎡は喫煙可能に」

日々利用して、ポイントを貯めるだけで無料でアイコス(IQOS)と交換できます!

【アイコスと交換するまでの流れ】

 

なぜ面積拡大案が出たのか?

30平方メートルは小さすぎるとたばこ議連から反発があったようです。たばこ議連の主張は「分煙で充分」や「タバコは違法薬物ではない」という意見がでました。

アイコス 受動喫煙防止案「150㎡は喫煙可能に」

 

飲食店側の反対

飲食店側は禁煙客を取りこぼすと経営も厳しくなります。30平方メートルの設定はは厳しすぎるとの意見もあったようです。

 

海外に遅れをとる日本

世界を見渡と屋内でも喫煙を法律で禁止している国も多いようです。日本は受動喫煙法を進めるも、結局は喫煙エリアを拡げるという逆の方向に進んでいるようです。

アイコス 受動喫煙防止案「150㎡は喫煙可能に」

 

アイコスはどうなるの?

アイコスを始めとする加熱式タバコもまだまだタバコと認識されることがほとんど。アイコスのみ喫煙可能な飲食店は少ないです。今回の変更案はアイコスユーザーにとっては喫煙できる飲食店が激減しないので朗報といえば朗報だが、オリンピックまでにクリーンな日本を創ることに関しては後ろ向きなニュースとなりました。

 

 

 

 

ポイントを貯めてアイコスと交換!

交換

ポイントを貯めてポイント交換でアイコスが手に入るキャンペーンサイト!

【くわしくよむ】

アイコスを無料で確実にゲットする方法

  • アイコスが欲しい
  • 安く購入したい
  • 2台目をストックしておきたい

iqosurawaza

という人におすすめのキャンペーンです。 アイコスを無料で購入する裏ワザを紹介しています。

アイコスを無料で購入する方法