アイコス(IQOS)を中国に持ち込む際の注意点と持ち込めるタバコの本数

アイコスを無料でGET

アイコス 中国に持っていく時の注意点

IQOSを無料でGETする方法

中国でアイコスの取り扱い

中国

 

海外旅行で中国を訪れる時に、アイコスを利用している方は持ち込むことができるのか、中国にてアイコスのタバコを購入することができるのか?などが気になりますよね。

 

持ち込むことができる本数や、販売店などについてまとめてみましたので、知っておくと旅行の際に便利です。

 

中国でアイコスの販売は行われているのか?

中国自体でアイコスの本体の取り扱い、タバコの取り扱いは行われていません。

 

紙タバコの販売は行われているので、アイコスのタバコがなくなった場合は、紙タバコを購入して喫煙している方が多いです。

 

また、アイコスが故障した場合も修理することができる店舗がないので、予備に日本製の紙タバコを持っておくのも便利かもしれません。

 

羽田空港ではアイコスの購入が可能

中国ではアイコスのタバコの販売は行われていないので、事前に羽田空港に購入しておくのが1番おすすめです。

 

羽田空港の免税店では個数制限が設けられていて、1人2カートンまでの制限になっています。

 

国によっては、アイコスまたはタバコの持ち込み本数は違うので事前に調べておくと無駄になりません。

 

空港の免税店で買えるアイコス本体や、ヒートスティックの価格については、アイコス 免税店でヒートスティックを安く買おうの専用ページをチェックしてみてください。

 

IQOSを安くGETする方法

  • 定価でも高い(><)
  • 品薄で手に入らない
  • ネットオークションの高値は嫌

アイコス 中国に持っていく時の注意点

【アイコスを安くGETする裏技】

 

中国にアイコスを持ち込む場合

中国にタバコを持ち込む場合、紙のタバコを400本まで持ち込むことができます。

 

アイコスも紙タバコと同じ扱いになるので、400本まで持ち込むことができます。本数を超えた場合は、没収をされるので注意しましょう。

 

「タール」が入っていないだけで、アイコスは電子タバコではありません。

 

もし荷物検査にて聞かれた場合は、しっかり話せるようにしておくと便利です。

 

ライターの持ち込みは禁止

中国では、入国時にライターの持ち込みは禁止されています。

 

葉巻タバコを持ち込む場合は、ライターの有無も聞かれることが多いですが、アイコスは火を使わない加熱式タバコになっているので、しっかり説明できるようにしましょう。

 

また、機内持ち込みは基本的に禁止されている場合が多いので、気をつけましょう。

アイコス 中国に持っていく時の注意点

実質IQOSを無料でGETできる裏技はこちら!

【くわしくよむ】

アイコスを無料でGETする方法

  • とにかくアイコス代金を全額稼ぎたい人!
  • アイコスを半額でGETしたい人
  • 千円でいいから現金が欲しい人!
という人におすすめの裏技です。 アイコスをタダでGETできる裏技を紹介しています。

アイコス 中国に持っていく時の注意点

アイコスをタダでGETする裏技