アイコス(IQOS)をハワイに持ち込む際の注意点と持ち込めるタバコの本数

アイコスを無料でGET

アイコス ハワイに持っていく時の注意点

IQOSを無料でGETする方法

ハワイでアイコスの取り扱い

ハワイ

 

ハワイに訪れる際のアイコス(IQOS)の利用や、持ち込み、タバコの本数制限について紹介していきます。

 

日本の方もよく旅行に行く人気の観光地だと思うので、事前に知っておくと便利です。

 

機内での利用や現地の喫煙場所については、ルールに従って利用してくださいね。

 

ハワイでアイコスの販売は行われているのか?

フィリップモリスはアメリカの会社なので、アメリカで販売されているのでは?と、思われていますが、現在アメリカにてアイコス(IQOS)の販売は遅れていて、2017年中に販売する目処が立っています。

 

販売後も品薄が予想されるので、事前に用意しておくとよいかもしれまれん。尚、紙巻タバコは、ハワイにて購入することができます。

 

羽田空港にてアイコスの購入が可能

アイコス(IQOS)のタバコや本体が販売されていない国がほとんどなので、飛行機に乗る前に免税店にてアイコス(IQOS)のタバコや、道具などを購入しておくのがおすすめです。

 

持ち込み制限の本数に合わせて本数を購入してくださいね。また、羽田空港では、1人2カートンまでの制限が定められています。

 

IQOSを安くGETする方法

  • 定価でも高い(><)
  • 品薄で手に入らない
  • ネットオークションの高値は嫌

アイコス ハワイに持っていく時の注意点

【アイコスを安くGETする裏技】

 

ハワイにアイコスを持ち込む場合

ハワイのタバコの持ち込みのルールは、紙巻タバコが200本。葉巻の場合は50本となります。

 

刻みタバコの場合は、2kgと細かく数量の指定がされています。アイコス(IQOS)は、タバコの扱いになるので、200本まで持ち込むことが可能です。

 

数日間の旅行なら十分に足りる量なので、特に気にする必要はありません。

 

ハワイでアイコスを吸うことは可能?

ハワイでは紙巻タバコを吸うことはできるので、同じ扱いになるアイコス(IQOS)も喫煙所限定で吸うことが可能です。

 

また、ホテルなど指定されていない場所で吸う場合は、事前にフロントにアイコス(IQOS)の説明をして吸ってもいいのか?など、確認しておくと、トラブルにならないのでおすすめですよ。

 

わりと喫煙所が多く設置されているので、特に吸うことに困ることはないと思われます。

アイコス ハワイに持っていく時の注意点

実質IQOSを無料でGETできる裏技はこちら!

【くわしくよむ】

アイコスを無料でGETする方法

  • とにかくアイコス代金を全額稼ぎたい人!
  • アイコスを半額でGETしたい人
  • 千円でいいから現金が欲しい人!
という人におすすめの裏技です。 アイコスをタダでGETできる裏技を紹介しています。

アイコス ハワイに持っていく時の注意点

アイコスをタダでGETする裏技