アイコス(IQOS)をタイに持ち込む際の注意点と持ち込めるタバコの本数

アイコスを無料でGET

アイコス タイに持っていく時の注意点

IQOSを無料でGETする方法

タイでアイコスの取り扱い

タイ

 

海外旅行でタイを訪れる場合、アイコス利用者は持ち込むことができるのか?またアイコスのタバコは、タイで購入することができるのかをまとめてみました。

 

あたたかくなってきて旅行に行く方も多いので、知っておくと便利です。

 

タイでアイコスの販売は行われているのか?

タイでは、アイコスの取り扱いが行われていません。

 

タイの国内にて、電子タバコ、水タバコともに国内での販売が行われていないので、アイコスが今後販売される可能性も低そうです。

 

通常のタバコの販売は行われているので、最悪なくなった場合は、紙タバコを購入して喫煙する人が多いです。

 

羽田空港にてアイコスの購入が可能

タイで直接買うことができないので、飛行機に乗る前に羽田空港内にある免税店にて、アイコスをまとめて買っておくのをおすすめします。

 

羽田空港の免税店では個数制限が設けられていて、1人2カートンまでの制限になっています。

 

国によって、アイコスまたはタバコの持ち込み本数は違うので事前に調べておいてくださいね。

 

空港の免税店で買えるアイコス本体や、ヒートスティックの価格については、アイコス 免税店でヒートスティックを安く買おうの専用ページをチェックしてみてください。

 

IQOSを安くGETする方法

  • 定価でも高い(><)
  • 品薄で手に入らない
  • ネットオークションの高値は嫌

アイコス タイに持っていく時の注意点

【アイコスを安くGETする裏技】

 

タイにアイコスを持ち込む場合

タイにタバコを持ち込む場合、200本まで持ち込むことが可能になります。

 

また、タバコ製品の場合も250gまで持ち込めるというルールになっているので、アイコスも通常のタバコの本数で数えて持ち込む方多いそうです。

 

タールが入っていないだけで、アイコスは電子タバコではありませんが、もし荷物検査にて聞かれた場合は、しっかり話せるようにしておくと便利です。

 

電子タバコと伝えないように!

アイコスは電子タバコではないので、荷物検査で質問された場合は、電子タバコと答えないようにしましょう。

 

加熱式タバコなので、通常のタバコと基本的には扱いは同じです。

 

電子タバコと判断されてしまった場合は、罰金が払わせられたり最悪逮捕されてしまう場合もあります。

 

タバコの持ち込みは特に厳しくなっているので本数、種類をしっかり守りましょう。

アイコス タイに持っていく時の注意点

実質IQOSを無料でGETできる裏技はこちら!

【くわしくよむ】

アイコスを無料でGETする方法

  • とにかくアイコス代金を全額稼ぎたい人!
  • アイコスを半額でGETしたい人
  • 千円でいいから現金が欲しい人!
という人におすすめの裏技です。 アイコスをタダでGETできる裏技を紹介しています。

アイコス タイに持っていく時の注意点

アイコスをタダでGETする裏技