アイコス(iQOS)の加熱式タバコに切り替えを表明!

アイコスを無料でGET

フィリップモリスが紙巻たばこから撤退を表明

IQOSを無料でGETする方法

フィリップモリス×アイコス

アイコス(iQOS)は、フィリップモリスから発売されているのはご存知でしょうか?

 

フィリップモリス

フィリップモリス

 

フィリップモリスは、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く世界最大のたばこメーカーである。アルトリアグループの中核部門である。統括本部はスイスローザンヌにある。日本法人のフィリップモリスジャパン合同会社は東京都千代田区永田町山王パークタワーにある。

 

フィリップモリスが紙巻たばこから撤退を表明

世界最大のたばこメーカーであるフィリップモリスは、将来的に従来型の紙巻きたばこの販売から撤退する方針を明らかにしました。

 

IQOSを安くGETする方法

  • 定価でも高い(><)
  • 品薄で手に入らない
  • ネットオークションの高値は嫌

フィリップモリスが紙巻たばこから撤退を表明

【アイコスを安くGETする裏技】

 

日本では受動喫煙対策が焦点に

受動喫煙対策を強化する法改正を巡り、厚生労働省は、従来の紙巻きたばこに加えて、電気加熱式たばこも現時点では、規制の対象とする案を示しています。

 

これについて、フィリップモリスジャパンのポール・ライリー社長は、加熱式たばこについて規制対象から外してほしいとは明言しなかったものの、自社の研究で有害性成分を大幅に低減することができているとして、紙巻きたばことは異なるルールを作ってほしいと訴えました。

 

ポール・ライリー社長

ポール・ライリー社長

 

フィリップモリスジャパンは、加熱式たばこを去年4月以来、全国で300万台以上販売しています。販売台数が急速に伸びていることからライリー社長は、将来的に従来型の紙巻きたばこの販売から撤退すると明言しました。

 

フィリップモリスジャパンの井上副社長は、アイコス(IQOS)などの加熱式たばこについて、「従来の紙巻きたばことは製品の特徴や健康への影響が大きく異なっている」と指摘しました。その上で「科学的なデータを踏まえて客観性や実効性のある規制にして欲しい」として、厚生労働省が受動喫煙防止の対策で規制の対象としている「加熱式たばこ」を対象から外すよう求めました。

 

井上副社長

井上副社長

 

受動喫煙をめぐっては、厚労省が1日、学校や医療施設は敷地全体を禁煙にするほか、「加熱式たばこ」も一旦、規制の対象とし、健康への影響がないと判明したものは、対象から外すなどとした規制案を公表しています。

フィリップモリスが紙巻たばこから撤退を表明

実質IQOSを無料でGETできる裏技はこちら!

【くわしくよむ】

アイコスを無料でGETする方法

  • とにかくアイコス代金を全額稼ぎたい人!
  • アイコスを半額でGETしたい人
  • 千円でいいから現金が欲しい人!
という人におすすめの裏技です。 アイコスをタダでGETできる裏技を紹介しています。

フィリップモリスが紙巻たばこから撤退を表明

アイコスをタダでGETする裏技